・白点病・

2010年8月6日

白点病

魚を飼った事のある人は必ず経験します。

白点虫という寄生虫が魚の体表やヒレやエラに

くっ付きとてもかゆがります。

エラにつくと呼吸困難になり死んでしまうこともあります。

対処は白点虫の離れた時にだけ薬品が効きます。

なので、見た目に治ったと思っても又なったりします。

しかし、魚に体力があり環境が整うとほとんどかかりません。

実際、水換えた時に冷たいまま入れたり、濾過槽や砂をかき回したり

して、眠ってた白点虫を起してしまったり。

なので、季節の変わり目に水換えした時に出やすいです。

まれにこの時期に出ます。

大概の場合、部屋にいる時はクーラーをかけていて

その冷気が水槽に直撃していたりしています。

で、部屋にいない時はとても水温が高くなります。

この水温の上下が白点病を誘います。

水温が高い為、白点虫も成長サイクルが早く

進行も早くなります。

この事からも人間も風邪(クーラー病)をひく環境は

魚も風邪(白点病)になると言うことです。

クーラーの風を直接当てないようにするだけで変わります。

魚は話が出来ませんので、良く観察して注意を払い初期に

発見することで、治療も楽になります。

ちょっとした気遣いで魚達も健康に生きていけます。

弊社ホームページ 
株式会社a.a.c.

http://aac-aqa.com/

アクアリウムの企画・設計・施工・メンテナンスを
一貫して行なっています。
デザインとメンテナンンス性能を両立させた
インテリアアクアリウムを提案します